スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回 仏生まるる山ライブ

2007年10月13日(土)
第二回「仏生まるる山ライブ」NEW!
~~世代を越えた憩いの庭~
@円光寺


18:00開演 21:30終了予定
入場無料、【雨天決行】


[出演]
ポエムロケッツ
カンカラネーネーズ
れおん (18時45分~出演予定)
るいまま
キアロスタミ(東京)
原博文
海堀賢太郎&仏生山連合


☆去年は300人ほどの方々がご来場し
海堀不思議堂店主の海堀賢太郎さんを中心に
仏生山町の新たな試みとして始まった
「仏生まるる山ライブ」
第二回を迎える今回は、
世代を越えた人と人との心のふれあいをコンセプトに
今年はさらにもっともっとお年寄りや子供達にも
楽しんでもらえるような内容のライブや、
ゲストとして東京からはキアロスタミも参加、
さらに仏生山の青年達による一風変わった屋台なども出店。
アコースティックライブの音色にのせて
仏生山らしいゆったりとした一日を。

お問い合わせ
海堀不思議堂 050-3082-7410

[主催]
仏生山歴史街道推進協議会

[企画・運営]
海堀不思議堂
INFO 050-3082-7410

※車でお越しの際は円光寺専用駐車場、
または、相愛保育園のグランドをご利用下さい。



--------出演者プロフィール-----------

「ポエムロケッツ」
詩はことばを通じて自分の思いを伝えようとするもの。
それは時に他者の感情を揺り動かす。
詩の朗読をパフォーマンスとして確立した
ビートニクに共感を覚え2000年に結成。
ロマンチックな酔っ払い朗読を展開中。

「カンカラネーネーズ」
2006年に沖縄三線をこよなく愛するメンバーが集まり結成。
現在は三線と唄者の4名で主に活動、
沖縄三線唄者の我如古絵美と共に
商店街や高松祭りのイベントにも参加。
今秋からカンカラネーネーズだけでも活動を開始し、
施設の訪問など新たな展開も計画している。

「れおん」
自称「主婦シンガー」。
「感じたら創る」というスタイルでピアノ弾き語りライブ他、
演劇や映像作品、CM音楽を手掛ける。
現在、出産、子育てと共に生まれてきた曲を録音、
3枚目のCD「ちっちゃなママの応援歌」を制作中。
仏生山が誇るタタキスト賢ちゃんとのセッションあり!!

「るいまま」
歌う小説家「るいまま」と踊るキーボーダー「上野慶子」が、
泣かせる音色のヴィオリラ「寒川恵子」と、
この日だけのユニットを組んでお届けする「昭和ぎっしりの世界」。
一緒におどってください。一緒に歌って下さい。

「キアロスタミ(東京)」
2004年9月結成。
ねむ(唄、ピアノ、ギター)、高井響(ギター、ドラム、コーラス)によるバンド。
生まれてくる音楽に忠実になることをコンセプトに集まった2人。
ねむの変幻自在な唄を中心に音が絡まりあってゆく。
キアロスタミの世界は、一見素朴であり淡々としている。
この自然で素朴な味わいはむしろ新鮮な衝撃となるだろう。
シンプルな構成にもかかわらず、実にスリリングな曲となっている。
その中にあるものは、「あるがままを受け入れた者の姿」だ。

「原博文」
香川在住シンガーソングライター。
バンドギタリストを経て個人で活動を開始。
2006年12月3rdアルバム「君のところへ」発表。
他にもスタジオミュージシャンとして、
レコーディングの参加や楽曲提供を行っている。

「海堀賢太郎&仏生山連合」
仏生山町出身、仏生山在住の海堀賢太郎と
仏生山を愛する青年を中心とした「仏生山連合」のみんなと一緒に
仏生山への思いを唄にしてみんなで唄いたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

去年より
音も良くなって
雰囲気も良い感じでした
また
頑張ってくださーい
プロフィール

れおん

  • Author:れおん
  • ライブの感想など、「コメント」のページにいただけると、うれしいです。


    ○れおんプロフィール○

    香川県を拠点に活躍する ピアノ弾き語りのシンガーソングライター、自称「主婦シンガー」。
    「感じたら創る」というスタイルで、ピアノ弾き語りライブ他、演劇や映像作品、CM音楽を手掛ける。
    カンボジアの自立支援をしているボランティア団体『セカンドハンド』と出会い、チャリティーCD「少しだけ」を制作。
    続いて、5周年記念アルバム「かんじるかたまり」、
    林助産師とのコラボCD「ちっちゃなママの応援歌」と、アルバム3作品をリリース。
    現在は二児の母となり、親子で楽しめるライブに出演したり、イベントにて様々なコラボレーションを行なう。


    ○ 夢 ○

    「世界中のピアノのフタを開くこと。」

    ピアノって楽器が、大好きで、
    ライブ活動で、いろんなピアノに出逢いに行ける事が幸せ。
    ピアノひとつひとつ、違った表情が かえってくる。

    人との出逢いや、関わりにも似てるなぁ。

    「アコースティック ピアノのある所には、
    どこへでも 飛んで行きたい!」
    という 願望を持っている。
最近のライブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ライブの歩み
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。